New York イベント 演劇

スターウォーズ衣装展がタイムズスクエアでスタート!(11月14日から)

先日タイムズスクエアを歩いていて、ふと電光掲示板が目に留まりました。
そこには 『Star Wars and the Power of Costume Exhibition』 の文字が!!!
スターウォーズが大好きでして、年末の最新作に向けて気持ちも盛り上がってきております。
そんな中、タイムズスクエアで気になる名前の展示会を見つけたので、どのようなものなのか調べてみました。
スターウォーズ展
Smithsonian Institution Traveling Exhibition Serviceという会社が、ルーカスミュージアム、さらにルーカスフィルムと組んで、2019年までアメリカ各地を移動しながらこの展示会を行うようで、2015年11月14日から2016年9月5日までは前述の、ニューヨーク タイムズスクエアの番だそうです。
気になるのは展示の内容ですね。
公式ページにある解説を翻訳してみます。


『Star Wars and the Power of Costume Exhibition』:スターウォーズと衣装の力 展


全6作のスターウォーズ作品の中から、70個の衣装をピックアップし、アーティストの作成プロセスや、キャラクターとコスチュームの関係を解き明かす。
衣装は、スターウォーズに登場する有名なキャラクターの個性を形作るうえで非常に重要な役割を果たす。
本展では、帝国軍、ジェダイ、姫、女王の衣装が展示される予定だ。
ダースベイダーの黒いマスク、C-3POの金色のスーツ、アミダラ女王の豪華絢爛なガウン、ジャバザハットに捕らえられた際にレイア姫が来ていたビキニなど、印象的な衣装をあげるときりがない。
それら、作品に欠かすことができない印象的な衣装もここで見ることができる。

ニューヨーク、タイムズスクエアの”ディスカバリータイムズスクエア”(会場名)で行われる特別展ではさらに、次回作『Star Wars: The Force Awakens』で登場する衣装7点も公開予定だ。


シアトルで先日まで行われていた同展示会に関する記事を見ると、
展示会は9個のチャプターに分かれていたとのこと。
・イントロダクション:衣装とギャラクシー
・ジェダイ対シス
・機能とデザイン
・象徴主義と軍事力
・アウトローとアウトサイダー達
・ギャラクシーのすみで
・銀河元老院
・パドメ・アミダラの旅
・ダースベイダー アイコン的な悪役
・ドロイドデザイン C-3POとR2D2

こちらがシアトルの会場の雰囲気だそうです。
スターウォーズ展

近い!衣装との距離が近い。
しかもシス卿が手からビリビリを出す体勢をしてます。これは前に立って、一緒に写真を撮りたいところです。カメラ
写真が許可されているかわかりませんが。。
アメリカの美術館は、写真撮影OKのところが主なので、
もしかしたら、ここもOKかもしれないですね。
次回作の衣装も展示予定とのことで、どのようなストーリーなのか、衣装を見て予想するのも楽しそうです。

下記会場と営業時間です。
会場: Discovery Times Square  226 W 44th St New York, NY 10036

営業時間:
日曜から火曜  10:00 am - 7:00 pm
水曜から木曜  10:00 am - 8:00 pm
※入場は終了時間の45分前まで

公式サイト: http://www.powerofcostume.si.edu/

公式サイト(Discovery Times Square):http://www.discoverytsx.com/

こちらの展示会のチケットですが、弊社で購入代行いたします。
チケット価格は$40(大人)です。
チケットはメールでお送りします。入場時間を30分単位で指定できるもので、チケットを持っていれば当日窓口に並ぶ必要がありません。
興味のある方は下記フォームからお問合せください。

⇒お問合せフォームはこちら


海外旅行(アメリカ) ブログランキングへ

-New York, イベント, 演劇

Copyright© ニューヨーク観光.com , 2020 All Rights Reserved.