ミュージカル

ブロードウェイにアナスタシアが登場!

あの映画がミュージカルになってブロードウェイに登場しました!

~あらすじ~

1907年、サンクトペテルブルク。ニコライ2世の母であるマリー皇太后はパリに移り住む準備をしています。孫娘アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノフ皇女は、自分もパリに連れて行くように頼みますが、皇太后はいつかアナスタシアが成長したときに一緒にパリで暮らすことを約束し、子守唄が流れる美しいオルゴールボックスをアナスタシアに手渡します。それから10年後、美しい少女に成長したアナスタシアと家族の幸せな王室生活は、ボルシェビキ(ソ連共産党の前身)の爆撃によって一変します。宮殿は燃え、ロマノフ一家はアナスタシアを除いて全員殺害されました。からくも難を逃れたアナスタシアは、記憶を失いアーニャとして生きることに。ボリシェビキの将官グレブが生存疑惑のあるアナスタシアを殺害するため執拗に彼女を捜索する中、(若くてハンサムな)詐欺師ディミトリに出会ったアナスタシアは、失った記憶、自分自身の過去を取り戻す壮大な旅に出て…

アナスタシアといえば1997年に公開されたアニメ映画が有名です。17歳で殺害されたはずのロシア皇帝ニコライ2世の末娘アナスタシア皇女は実は生きているのではないか?という、アナスタシア伝説を元にした本格ミュージカル&ファンタジー映画で、第70回アカデミー賞主題歌賞と音楽賞にノミネートされました。

正直なところ私はこれをディズニー作品だと思っていましたが、20世紀フォックス製作なんですね。公開当時、子供心に他のアニメ映画とは何か違うように感じたのは、キャラクターの服装や背景にロシアの雰囲気を感じたからかもしれません。

そんなアナスタシアのミュージカル版が、2017年4月24日からブロードウェイBroadhurst Theatreで上演開始されました。映画版には無い新たな楽曲や、主人公を追いかける敵役グレブを加え、より史実に基づいたストーリー展開になっているそうです。

一幕は混乱のサンクトペテルブルク、二幕は華やかなパリを舞台に物語が進みますが、舞台美術が本当に美しく、芸術的なんです!写真はBroadway.comで見られます⇒https://goo.gl/cQguKy

トニー賞最優秀監督賞を受賞したダルコ・トレズニヤック監督を筆頭に、舞台経験の豊富なキャストでお送りするミュージカル・アナスタシア。

ニューヨーク観光.comでは、本作のチケットを取り扱っております。やり取りは全て日本語でOK!一般販売よりお求めやすい価格でご案内させて頂きます(価格は日時により変動します)。ぜひチケットお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

公演名:アナスタシア

劇場:Broadhurst Theatre  235 West 44th Street New York, NY 10036

年齢制限: 8歳以上

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
昼の部  –  – 2:00PM  – 2:00PM 要お問合せ
夜の部  – 7:30PM 8:00PM 7:30PM 8:00PM 8:00PM 要お問合せ

[button size=”large” color=”orange” url=”https://www.newyorkkanko.com/%E3%81%94%E6%B3%A8%E6%96%87%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%81%94%E6%B3%A8%E6%96%87%E3%80%81%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/”]ご注文:お問い合わせはこちら[/button]

私もぜひ観たいので、観劇したら必ず感想をブログでご報告します!

ハル

コメントを残す