New York旅の豆知識

スタテンアイランドフェリーで自由の女神を見る


こんにちは!5月も下旬になり、ニューヨークもやっと気温25℃くらいの暖かい時期なりました。
でもこのくらいの季節はすぐに過ぎて、暑すぎる夏になってしまうんですよね…😅

さて今日は、お出かけをしたくなるこの時期にぴったりな乗り物について。

ニューヨークといえば!の「自由の女神像🗽」、見学の仕方はいくつかありますが、一番人気なのはリバティアイランドに上陸できるスタチュークルーズ。

バッテリーパークから出航するフェリーに乗って自由の女神のある島へ行き、像を間近で見学できます。ただし毎日、特に午後はチケットを求める人で長い列になっているので、基本的には事前予約がお勧めです。

ちなみに、像の中(台座)まで入るチケットは枚数が少ないため売り切れも多く、王冠まで入れるチケットは半年以上先までソールドアウトの状態です。

一方で、時間も予算もないという方はバッテリーパークから遠望するという方法もあります。パーク自体も観光スポットになっており色々とイベントも開催されているので、散歩がてら、像は遠くに見えれば良いか!という方ならこの方法でもOKです。

しかし、時間はあるけど予算を抑えたい!とか、旅行前に事前予約をしていなかった!という方でも、像をなるべく近くで見る方法があります。それが、スタテンアイランドに住んでいる人々のために運行している公共フェリー、スタテンアイランドフェリーです✨🚢

このフェリーのいいところは、なんといっても無料で、ほぼ30分おきに24時間運航しているという手軽さ!!(スケジュールはこちら

公共交通機関ですが、観光客の方が多いのではというくらいメジャーな手段なので、住民じゃないけどいいのかな?と気兼ねする必要はありません。

スタテンアイランドフェリーの乗り場は、4 Whitehall Street New York NY 10004 にあるWhitehall Terminalというターミナルにあります。地下鉄N/R/WのWhitehall St駅を降りてすぐ、バッテリパークの南側です。
パークにあるスタチュークルーズ乗り場と混同されやすいのでご注意下さい。

ターミナルの外観はこんな感じ。

中に入ると、チケット購入は要りませんので船を待つだけですが、到着してすぐの便に乗船できるかは混雑具合によります。乗船前にどのドアに船が来るかアナウンスが流れ、その入り口にどっと人が集まります。

順調に乗船できれば、中は3階建てで広々としているので、像に近づくまで座っていても良いし、デッキに出ても良し。マンハッタン→スタテンアイランド往路の方がより像に近い距離を走っています。

そしていよいよ…像が見えました!スマホのカメラだとこんな感じ。実物はもっと大きく見えます。

無料のフェリーでこれだけハッキリ見えれば、かなり満足できるのではないでしょうか?

30分くらいで、フェリーはスタテンアイランドに到着。この島からはマンハッタンを見渡すことができます。観光場所はこれといってないので、ほとんど皆さんターミナルの飲食スペースで一息ついたら、帰りの便に乗っていました。

往復1時間半~2時間くらいで楽しめるスタテンアイランドフェリー。

ぜひ気軽に行ってみてください!♪

コメントを残す