ニューヨークの夜の楽しみは様々あり、ジャズバーもその一つです。 でも、普段からジャズを聴きにいく趣味のない私にとって、ニューヨークのジャズバーは少しハードルが高いものでした。 しかし先日、友人がニューヨークに来たことをきっかけに、日本にも店舗のある有名店「ブルーノート」に行ってみることに。 少し前の体験ですが、シェアしたいと思います!

ブルーノートは、グリニッジ・ヴィレッジエリアのワシントンスクエアパークの近くにあり、 最寄り駅West 4 St-Washington SqからWest3rdストリートに出て徒歩すぐです。 夜でも人通りがあるのでそれほど怖い感じはしません。 月曜~金曜、日曜日は8:00PMの回と10:30PMの回があり、土曜日は更に0:30AMの回も。 私は平日8:00PMの回に行きました。 日曜日はブランチ公演が11:30AMと1:30PMにあるので、夜に出歩きたくない場合は昼公演も手ですが、 やっぱり夜に聴いた方が雰囲気があって楽しいと個人的には思います。 店の外観はこんな感じ

店に入ると、思ったより狭く奥に伸びており、ステージは突き当りではなく左手の壁沿いにあります。 バーかテーブルが選べますが、より近くで食事をしながら鑑賞できる、テーブル席がおすすめです。

テーブル席からであれば、どの席でも結構な迫力で楽しめる距離感です。 初心者の私たちはステージ脇の席に座ってみたのですが、控室のある2階から降りる階段のそばだったので、 演奏開始と終了時には目の前を演者が通っていき、驚きました。 ちなみにトイレとギフトショップも2階にあります。

お客さんの年齢層は高めでしたが、服装はカジュアルで大丈夫そうです。

ブルーノートだけではありませんが、ジャズバーはお食事のオーダーが必須です。 カクテルを注文したところ、一杯$15程と、けっこうお高め。。 食事メニューも、前菜$15~、メイン$30~といった感じで、高いですがニューヨークのレストランではスタンダードなレベルです。 この時は残念ながら知らなかったのですが、青いオシャレなブルーノート・マティーニというカクテルもあるそうです。 写真の通り、食事代(最低$5/人+税+チップ)の他に、ミュージックチャージ(演奏料)がかかります。 ショーによってミュージックチャージは違いますが、この時は$55でした。

ちなみに、公式サイトから席の予約が出来ますが、予約なしの飛び込みでも空きがあれば、入店可能です。 しかし、貴重な旅行中に満席で見れなかった!となるのは悔しいので、ぜひ予約してください。 ブルーノートはレジェンダリーな演奏者を呼ぶことで有名なので、世界中から客が集まって来ます。 私はたまたまチケットを取った日のメインプレーヤーが、デイヴィッド・サンボーンというグラミー賞を何度も受賞したサックス奏者で、 彼を目当てに来たお客さんも沢山いるようでした。

デイヴィッドの穏やかな挨拶から、いざ、演奏が始まると、本当に迫力が凄く、店内全体が音の波に飲み込まれるような感覚になりました。 一人一人の技量が半端じゃないことが分かります。 一曲も知らなかった私たちですが、心から楽しめ、他のお客さんと一緒に、各ソロパートの後には惜しみない拍手を贈りました。 これはぜひ一度、体験して損はないと思います!

演奏終了近くにサーバーがレシートを持ってくるのでテーブルで会計を済ませ、一時間強で、ショーは終了。 汗だくの演者を皆が写真を撮りながら見送り(立ち上がって握手を求める人も多かったです)、 熱気が冷めやらないうちに、店を出ました。

ブレブレの写真ですみません。。

ジャズ通だけでなく、観光客も多く訪れるブルーノートは、初心者でも十分楽しめるスポットでした。 皆さんも滞在中にチャレンジしてみてください!

♪ご予約の代行をご希望の方はinfo@set-newyork.comまで♪

Blue Note 131 W 3rd St, New York, NY 10012 http://www.bluenotejazz.com/newyork/

コメントを残す

Scroll to Top